【まず登録すべき】6社内定の僕が使った就活サイト15選

【新卒】内定もらったけど行きたくない時の解決策を紹介。

【新卒】内定もらったけど行きたくない時の解決策を紹介。
さんし

・内定をもらったけど行きたくない。
・内定先に行きたくない場合はどうすればいいのかな?
・滑り止めの内定先に行きたくない

今回はこういったお悩みを解決します。

こたろ

どうも、こたろです。
僕自身、23卒として就活をしていました。

内定をもらったもののあんま行きたくないなと思いながら就活をしていたことがあるので、実体験ベースで解決策をご紹介します。

本記事を読むことで、迷っているあなたがどう行動すればいいか分かるようになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

本記事の内容

・内定もらったけど行きたくない時どうするべきか
・内定先に行きたくない場合に取るべき行動

おすすめの就活サービス(迷ったらこれ!!)

\おすすめの就活エージェント/
1位:キャリアパーク就職エージェント
大手企業、幅広い業界(メーカー、金融、IT、人材)に対応
最短三日で内定/ES・一次面接免除など特別選考あり

2位:キャリアスタート
学歴フィルターなし。徹底した面接トレーニングによって、驚異の内定率86%。

\おすすめ自己分析ツール/
2023新卒向け。自己分析から居心地が良く活躍できる会社をAIがマッチング。
【toiroworks】

約100問の設問を回答するだけで自己分析が可能

\おすすめ逆求人サイト/
1位:OfferBox
利用学生数38.9万人以上/就活生の3人に1人が登録!
企業からオファーが届く!

2位:キミスカ
学生がプロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウト!
業界最高レベルの適性検査。(ストレス耐性や価値観傾向を探り、自己分析の助け)

\IT業界に特化した就職サービス/
IT求人ナビ新卒
IT業界へ就職を目指す方々向けに特化した新卒就活支援サービス

目次

内定をもらったけど、内定先に行きたくないと感じる理由

「内定をもらったけど、内定先に行きたくない。」

こう思う人は多いと思います。

実際、第一志望の会社に行ける人はあまり多くありませんし、多くの人が内定ブルーになります。

内定をもらったけど、内定先に行きたくないと感じる理由は以下が挙げられます。

  1. 滑り止めとして練習程度で受けた企業だから。
  2. 会社にあまり魅力を感じていないから。
  3. 自分の能力に納得できてないから。
  4. 疑心暗鬼になるから。
  5. とりあえずネームバリューで選んだから。

順番に解説します。

練習程度で受けたけど、受かってしまったから。

これはあるあるですよね。

めちゃくちゃ行きたい訳でもないが、滑り止めにもなるし、就活の手始めに面接の練習がてらとして受けたら、通ってしまった人はいるのではないでしょうか。

練習程度といえど、頂いた内定は手放したくないものです。

そこでとりあえず内定承諾をして、その後他の企業に落ち、結果そこに行くか就活をやり直すかといった選択に悩まされる可能性があります。

そもそもあまり魅力を感じてないけど、受かってしまったから。

会社説明会や面接、内定後の面談や訪問などで「なんかこの会社自分と合いそうにないな」と思っていても受かることはあります。

こたろ

「面接でちょっと圧迫ぽくて怖かった」「会社の雰囲気が苦手」

などなど自分が会社に合わないと感じる瞬間は沢山あります。

入ってみたら意外とよかったということも可能性としてはありますが、やはり不安になってしまいますよね。

自分の能力に納得できてないから。

就活でもし失敗した場合、「自分の力はこんなもんではない」と考えてしまう人もいます。

おれならあの有名企業に入れるはずだと感じ、理想と現実とのギャップに悩まされてしまいます。

第一志望の企業に入れなかった場合、未練が残ってしまいますよね。

こたろ

僕も何度も大手に落ちたときは、「自分の能力はこんなものではない、受かるはずだ」と思っていました。

この場合、就職浪人をして翌年就活を再度やり直す人もいます。

疑心暗鬼になるから。

最初は内定をもらえて嬉しかったはずなのに、いざ内定を貰えるとその会社のネガティブな面がやたら目に付くようになります。

その会社の評判を見て、社員のネガティブな口コミを見ると、「本当にこの会社で大丈夫なのかな」と考えてしまいます。

こたろ

もっといいところがあるのではないかなどどんどん隣の芝生が青く見えるようになります。

ネガティブな面に関しては、入ってみないと、それをネガティブだと感じるかは分かりませんし、思ったよりよかったということもあり得ます。

なので、もちろん参考にするのはいいですが、うのみにしすぎるのは良くないでしょう。

また、どの会社にも欠点はあるので、どの欠点なら妥協できるかは考えておくべきです。

とりあえずネームバリューで選んだから。

これは全員ではないかもしれませんが、

例えば、やりたいことではないけどネームバリューがあり、福利厚生や年収が充実している大手企業、やりたいことではあるけど待遇は良くない中小企業に内定した場合、かなり迷う選択になります。

その場合、どちらをとっても後悔をする可能性があります。

やりたいことではないけどネームバリューがあり、福利厚生や年収が充実している大手企業を選んだ場合
⇒やりがい重視で選べばよかったな。
やりたいことではあるけど待遇は良くない中小企業を選んだ場合
⇒年収や待遇が充実している大手に行けばよかったな。

これに関してはないものねだりなので、自分の中で何が大切なのかをはっきりしておかないと後々後悔する原因になります。

こたろ

難しい決断ですよね。僕自身も非常に悩みました。

内定もらったけど、内定先に行きたくなかった僕の体験談

内定もらったけど、行きたくなかった僕はどうしたのかについてお話します。

参考になれば幸いです。

✅1月末に滑り止めの企業に内定を貰った。

僕の場合、1月末に滑り止めの企業に内定を貰い、とりあえず内定承諾をしてそのまま就活を続けていました。

正直、会社の雰囲気は合わなそうと感じていたのですが、就活に対して内定がとれなかったらどうしようという恐怖があり、とりあえず内定承諾しました。

1%でも興味を持った会社であれば片っ端から受けていました。

✅40社連続で落ち続けた。

スタートはよかったもののたまたま内定しただけだったので、正直、なぜ内定がとれたのかもわかっていませんでした。

とはいえ、なにを血迷ったか「就活ちょろくね」と思い、謎の自信だけは持っていました。

もちろん対策はしていましたが、面接で落ちても、

こたろ

「会社が人材を選ぶセンスがない」「たまたま落ちただけだ。」

くらいに思っていただけで、改善しようという気持ちはあまりありませんでした。

しかし、40社連続で落ち続け、気付けば2,3,4月は全滅。

いよいよやばいことに気づきます。

持ち駒も0。完全にメンタルは崩壊。

そこから3週間くらい寝込んでいました。

✅5月に就活をやり直す。

正直、行きたい企業は全滅していたので、もう就活はいいかなと思い、そこで妥協して滑り止めの企業に行こうかなと思ったのですが

就職先妥協すると絶対後悔するよ!

という姉の一言で就活をやり直すことにしました。

そこから本気で「どうすれば受かるのか」を徹底的に考えました。

  • 志望動機がいけないのか
  • マナーや態度がいけないのか
  • 回答が悪いのか

✅6,7月に5社内定。行きたい企業に出会う。

5月の頑張りが良かったのか、面接はとんと拍子で受かるようになりました。

15社くらい受けて8社くらい最終面接までいったと思います。

4月末の時点で行きたい企業はありませんでしたが、とりあえず少しでも良さそうと思ったら受けようという心意気で企業を受けまくり、面接を受けるうちにその会社の社員の人柄、雰囲気に惹かれ、行きたいと思える企業に出会いました。

こたろ

もし姉の一言がなく、就活を終えていたらと思うと恐ろしいです。

✅僕からのアドバイス

なので、何が言いたいのかというと、少しでも内定先に行きたくないと思っているのであれば、就活をやり直した方がいいということです。

新卒は一回しかないですし、やはり妥協するのはもったいないです。

もし、

  • 時間的に再度就活するのが難しい
  • いまから企業を探すのは大変

という理由で就活をやり直せないのであれば、まず就職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

キャリアパーク就職エージェントなら最短三日で内定する人もいますし、自分に合った企業を探してくれるので、かなり手間を省けます。

内定もらったけど行きたくないときの解決策3つ

内定をもらったけど、内定先に行きたくないときの解決策は3つです。

  • 内定式、会社訪問の後に決める
  • 就職浪人する
  • 再度就活をやり直す。

内定式、会社訪問後に決める

もし、2社とかで迷っている場合、あまりモラル的には良くないですが、内定式の参加後、会社訪問してみて決めるのはありだと思っています。

ただ、正直、同期や会社の社員と実際に話してみないと分からないことって沢山あると思います。

中途であれば、ある程度社会人経験があるので、会社を見極められるかもしれませんが、新卒は会社員経験もないので、会社の雰囲気がまだわからない状態で、入社を決めるのはあまりに酷なのではないかと思っています。

一定数、毎年内定式後に辞退する人はいるので、意外とやっている人は多いです。

こたろ

だからといって正当化される訳ではありませんが、選択肢の一つとして考えてみてもいいでしょう。

就職浪人する

就職浪人や就職留年を選択する人もいます。

7万9000人が「就活」を理由に留年をしており、就職が決まらないまま卒業している学生は約3万1000人というデータがあります。 つまり、11万人ほどが就職留年や就職浪人をしている計算になります。

個人的に就職浪人は「反対派」です。

なぜなら、「就活」は「受験」とは違って不確定要素も多く、就職浪人をしても、必ずしも希望の企業に行けるとは限らないからです。

面接官

めちゃくちゃ優秀だけど、会社の雰囲気に合わない!
僕の好みではない!
少し謙虚さがないし、教育しづらそう!

など自分ではどうしようもなく、落ちることも普通にあります。

また、希望の企業に行けても安泰だという時代ではありませんし、20代の1年という貴重な時間をわざわざ就活に捧げるのはもったいないと思います。

それであれば、就職して力をつけて転職する方が圧倒的に賢い選択です。

再度就活をやり直す。

もし、内定先に行きたくないのであれば、再度就活をやり直すのがいいと思います。

就活はかなりエネルギーがいりますし、メンタル的にもかなり大変ですが、人生でも大事な時期なので、再度就活をした方が後々悔いが残らないと思います。

自分一人だと企業を探すのも大変ですし、面接やES対策はキャリアパーク就職エージェントなどの就活エージェントで、就活のプロに頼った方がいいです。

おすすめの就活エージェントは下の記事でも紹介しています。

内定辞退をして就活をするのか、あるいは内定承諾はしたまま就活を続けるのか方法はそれぞれありますが、個人的にはどちらでもいいと思います。

次の内定を貰える自信が確実にあるのであれば、内定辞退をしてもいいですし、少しでも不安があるなら内定承諾はとりあえずしとくのが懸命です。

こたろ

ちなみに僕は内定承諾をしたまま就活を続けていました。もちろん罪悪感はありますが、仕方ないことだと思います。

企業に迷惑はかけてしまいますが、自分の人生の方を大事にしてください。

内定もらったけど、行きたくないなら再度就活すべし!

どうでしたか?

僕の体験談や解決方法を紹介してきました。

一番大切なのは「悔いのない就職活動をすること」です。

悩んでいるのであれば、社会人や就活エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

そんなあなたにおすすめなのが、ポート株式会社が運営するキャリアパーク就職エージェントです。

グィナム

・就活って何をすべきなの?
・内定を取るにはどうしたらいいの?

といった初歩的なところから就活のプロが丁寧にサポートしてもらえます。

就活アドバイザーが企業紹介から、自己分析、ES履歴書添削、選考対策・内定まで一貫してサポートしてくれます。
昨年度は1000名以上の指導実績があります。

ポイント
  • 昨年度1000名以上の内定実績あり
  • ES・一次面接免除など特別選考あり
  • 大手企業(メーカー、金融、IT、人材)など幅広い業界まで対応
  • 自己分析サポート、ES添削、面接、GD対策、企業紹介
\ゲーム・広告・企画など、人気職種へご案内可能!
23卒向け新卒エージェントサービス/
キャリアパーク就職エージェントはこちらから!

ぜひ参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次